排便姿勢は考える人のポーズ❣️

皆さんこんにちは😃快護ラボ知技心です。

早くも明日から弥生3月…今年も桜🌸🌸の便りが囁かれる季節となりました。

さて、今回の記事のタイトル…🤣

何のこと?と思うかもしれませんね💦

高齢者介護の永遠のテーマとして、水分と排便に関することが挙げられます。

日頃勤務しております、デイステーションりんくすのご利用者にも、便秘で悩んでおられる方や、腸閉塞を繰り返したりと、利用のたび排便確認が必要な方もいらっしゃいます。

また、腸内環境を整えることこそが、色々な病気になりにくい身体を作ることにもつながります。

そこで、今回のりんくすでの勉強会は

快便をめざして…と題し、皆さんと一緒に排便にまつわるお話をいたしました😄

まずはご利用者の皆さんへの質問から…

①排便は毎日?何日に1回?

②最後に出たのはいつ?

③下剤を飲んでいる?

④最後に出た便はどんな便?量は?形は?

をお伺いしたあと…本題へと進みました😄

理想的な形や、腸のしくみ、善玉菌、悪玉菌について、腸内環境などです。

毎日当たり前のようにしている生活行為ですが、毎日だからこそ悩みも尽きないのが排便ですよね💦

食生活や運動の大切さ…をお話したあと、最後は姿勢についての確認作業です😄排便姿勢といえば…

そう…「直腸肛門角」です😄

排便をする時は、前屈みになることで、直腸から肛門の入り口まで、直線に近い角度になり、便が通りやすくなるという理屈です。前屈みにならず普通に座ってしまうと、くの字に曲がった道を通らなければならないので、当然便は出にくくなります。

要は…考える人のポーズですよー❣️

当日は、実際ご利用者にも排便姿勢をとっていただき、感覚を覚えてもらいました。

そして…私の排せつという介護の落とし所なのですが…

「大便は、体の中からの大きな便り」「小便は体の中からの小さな便り」だからこそ自分の排せつ物を見る習慣をつけ、何らかの異変にすぐ気づけるようにしましょう〜とお伝えし、勉強会を終えたことでした。

ご家族の中には、いつも快便めざして、食生活を気をつけたり、連絡帳でも細やかに記載してくださる方もいらっしゃいます。たかが排便、されど排便…ですよね〜

排せつに関する研修も受け付けております😄

高知の介護のことはアンビションへ!居宅・ヘルパーステーション・デイサービスがあります。講師派遣は快護ラボ知技心まで。各種お気軽にご相談ください!

関連記事

  1. お月見

  2. りんくす勉強会😄

  3. 暮れゆく今年…感謝を込めて😄

  4. 接遇マナー研修会

  5. 知技心外部研修

  6. 研修開催しました😄

パンフレットはこちら

最近のブログ

PAGE TOP